健康で健やかな身体づくりを目指すスコティー

ドライアイ対策の食べ物、試して効果のあった5つの方法

  • 最終更新日:

この記事は3分で読めます

7e570b25c2ae75910cf63cea1ab7b39c_s

ドライアイ対策の食べ物って、色々ありますよね。
ネットとか、テレビでこれが良い!って専門家が伝えています。


僕も結構ドライアイには気を使っていて、
色々調べたりします。

でも、専門家のいう事を試そうと思っても、
そもそもドライアイ対策の為に食事のメニューを考えるなんてできません。

確かにドライアイには、良いと言われては、いますが、
それは、良いとされる、だけであって、
試した結果では無いんですね。

なので、
今回はドライアイの僕が実際に試してみて、
効果のあったものを食べ物以外も含めて紹介します。

スポンサードリンク

野菜ジュース


多くの専門サイトで見られるのが、ビタミンの多く含まれた野菜を摂取する事。
でも、上手に摂取するのは、難しい。


そんな時の野菜ジュースです。
僕はポリフェノール系の無添加を選んでます。
吸収を良くする為に、できれば常温で喉に染み込ませる様に飲みます。


水を毎日2リットル飲む


恐らくこれが一番やりやすい方法だと思います。
基本的に年をとるにつれて、水分を作る能力は失われていきます。

そして、喉の渇き自体も子供の頃から比べると忘れてしまいます。


白湯の形で、少ない量をちょくちょく飲む事で、体全体に水分が行き渡り、
肌、口内、目などに潤いが出てきます。

肌はこの写真位に効果があります。
3日で効果が見えますので、試しにやって見てください。



water01 dailymail




ミネラルウォーター、沸かして塩素を除去した水、
浄水器を通した水がオススメです。

特に浄水器の場合は、活水器も通すと、
身体が元気になります。

心のこもった料理


身体に良くて、美味しいご飯を食べると、
例え同じ食材、レシピだったとしても、
大事な人のことを考えて作った料理と、
そうでないものは、美味しさが全く異なりますよね。

添加物や味ももちろん、気持ちという情報も入ることで、
気持ちが高まり、感動し、目が潤います。


自宅で食べることと、
外食であってもそうした良い思いでされていはお店に行く様にします。


十分な睡眠


詳しい医療は分かりませんが、睡眠時間が少ないと、
目が乾く傾向があります。

もちろん、いつでも十分な睡眠が取れる訳ではありませんが、
明日の活動の質を高める為に寝れる時は早めに寝ることも考えます。

心の持ち方


例えば寝不足などで目が乾いた時、目がうまく開きませんよね。
そうなると相手の表情も見えないし、身体が重くなったりもします。


僕の経験上、そんな時は誰かと話したりしながら、
その人がどんなことに困っているのか、などを読み解き、
その人の為にできることを考えたり、気持ちが盛り上がったりすると、
目が潤う傾向があります。


人は燃えている時、目の輝きが違う、と言いますが、
これは、純粋に目が潤っているから、目が輝いて見えるのだと思います。

目の潤いに注目する


以上が僕が実際に試してきたドライアイ対策になります。
これは、僕が試した結果であって、万人に通じることかは分かりません。


一番僕が伝えたいのは、
何より自分のドライアイに何が効くのかを色々試行錯誤して欲しいという事です。

日頃のドライアイの状態を注目する事で、

・何をしたらドライアイが悪化するのか
・何をしたらドライアイが改善するのか

がわかってきます。
僕の場合は活力のバロメーターが目の潤いです。


活力、モチベーションの上下が気持ちで気がつく前に、
身体からのサインとして出てきます。


ドライアイになると、相手の顔を良く見れなかったり、
自分に自信がなくなったりします。
逆に目が潤っていれば、


相手の微表情から感情の変化を読み取ったり、
言葉にとらわれない内なる声に気づいたりできます。

また、目に力を宿すことで、自分の発言に説得力が出たりもします。
目は口ほどにものを言う、とはよく言ったものだな、と感じます。


僕の場合の活力バロメーターは、目ですが、
人によっては鼻だったりする人もいるみたいです。

大体この様なセンサーは弱かったり敏感な部分が多い様です。


僕は腸と目が弱いです。
昔はドライアイとか、お腹を壊したりする事も多く、
悩みの種でしたが、
今思えば、ちゃんと身体は辛いって言っていました。


お腹を壊すのは、添加物とか、農薬とか、ちゃんと理由がありました。
目もすごく分かりやすいです。

なのでドライアイも、自分の調子を知るための高感度なセンサーだと思ってみると良いですね。

コンディションを整えるのは、
木登りと同じ。高く上がれば上がるほど
不安定になります。

でも、その高い景色から見える世界はとても美しいし、面白いです。
今回のドライアイを起点として、
自分のコンディションについて考えてみるのも良いかも知れませんね。

スポンサードリンク

あわせて読みたい

  1. 4cad10e884e7ad871bf0c0066be18bc9_s
  2. 92f5d4b610fa9c0a291c5c85aabd4324_s
  3. 7078971979cbe394b77919b2dc31aef5_s
  4. saya16010436img_5049_tp_v
  5. a43ea6586203855584bb1fcd94cfab0f_s
  6. 52df3275c7e438d5e2f5ef349359e46b_s

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP