健康で健やかな身体づくりを目指すスコティー

熟睡できない人に朗報!脳波を使って質の高い睡眠を手に入れる方法

  • 最終更新日:

この記事は3分で読めます

f1b593d5e8f9925141a900de2cd5f14a_s
最近は脳波の研究が進んでいます。

リラックスしているときに出ている脳波はアルファ波だ、といったことはかなり有名なのではないでしょうか?

ところでこの脳波ですが、右の耳と左の耳から周波数の違う音を聞くことによって、人工的に波長を変えられることがわかっています。

そして、このことを応用して眠りやすい状態を作ったり、さらには脳を活性化させたりすることができるようになっています。


人工的の脳波の波長を変えるには


この研究は、アメリカのモンロー研究所やセンターポイント・リサーチ・インスティテュートなどで進められたものです。
右の耳と左の耳から違う周波数の音を聞かせることで、その周波数の差の脳波が形成される、ということがわかっています。

たとえば、右の耳から122ヘルツ、左の耳から112ヘルツの周波数の音をきかせたら、その差である10ヘルツの脳波が形成されるのです。

人間の脳波は8~13ヘルツがアルファ波なので、この場合なら10ヘルツのアルファ波が形成されたことになります。

アルファ波はリラックスした状態のときに出る脳波ですが、
逆に、脳波を先にアルファ波にすると、リラックスした状態に導かれます。


これを利用してできること


アルファ波を集中学習に使う


アルファ波はリラックス状態のときに出ることが知られていますが、何かに集中しているときもアルファ波になります。
そこで、集中して勉強をするためのアルファ波を作り出す音源も開発されています。

この音は音楽に混ぜて使うことで、ヘッドフォンで音楽を聴きながらアルファ波になれるといった商品もあります。

アルファ波やシータ波、デルタ波を使って瞑想をする


瞑想をすると脳波はアルファ波になります。瞑想の達人ともなると、アルファ波よりもさらに低い周波数であるシータ波になることもわかっています。ちなみにシータ波やデルタ波は通常は睡眠のときにしか出てこない周波数です。

脳波の誘導によって、普通なら何十年も修行した達人でないと到達できないような瞑想状態に、簡単に導かれるということで、今、脳波を使った瞑想や学習がアメリカではかなりのブームを巻き起こしています。

睡眠時の脳波に導くことで理想的な睡眠を


もちろん瞑想だけでなく、寝るときと同じ脳波にも誘導することができます。

実際に眠りに入る前にはアルファ波になっているので、まずはアルファ波に誘導することが考えられます。

でも、それだけではなく、その後も理想的な睡眠状態の脳波を人工的に作り出すことで、質の高い睡眠がとれるようになるのです。

これができれば、眠りが浅くて、寝ても疲れがとれないという悩みは解決しそうですよね。

実際に、筆者の知人のお母さんはこれで、不眠症から解放されています。

その方は70代前半でしたが、なかなか眠れないために鬱に近い状態になり、心身ともにとても疲れている状態でした。
外出する意欲もなくなり、このままでは痴呆症にもなりかねない、家族から心配されていたのです。

ところが、この脳波を利用した睡眠プログラムをヘッドフォンで寝るときに聞かせていたところ、寝付きもよくぐっすり眠れるようになりました。

よく眠れるようになったおかげで非常に元気になり、以前のように外出したり、人に会ったり、生き生きとした生活を取り戻されたそうです。

高齢でなくても不眠の悩みが多い今の世の中では、薬を飲んだりせずに質の高い睡眠をとれるこの方法は試してみる価値があるのではないでしょうか?

ちなみに筆者と筆者の娘も試してみました。

筆者の娘はとてもよく眠れて、翌日授業中に眠くならなかった、と大変喜んでいました。

質の高い睡眠がとれた証拠のようです。

筆者の場合は、たまに非常に頭が興奮していたときにはうまくいかないときもありました。自分で強く何かを考えていると、そちらの脳波の方が勝ってしまうのかもしれません。

まだまだ知られていない脳波の不思議


ちなみにこういうふうに人工的に脳波を作り出すときには、普段、自分の脳では経験したことのない刺激になるようです。

そのために脳では回路(シナプス)が形成され、脳の働きが活性化すると言われています。
これは瞑想をしたときにも起こることのようで、今までに使ったことのない使い方をするからのようです。

私は、普通に瞑想をしたことも、この瞑想の脳波に導く音源を使って瞑想をしたこともありますが、どちらでも頭の奥の方に刺激を感じました。

ただし、脳波を導いて瞑想をしたときには頭の中をマッサージされているような遥かに強い刺激で面白い体験でした。

睡眠を目的としたものの場合には、そんな強い刺激は感じませんでしたが、脳が活性化されるので、鬱などの精神的な問題にも効果が出ているそうです。

熟睡ができる上に、脳の活性化まで期待できるとしたら試してみる価値があると思いませんか?

スポンサードリンク

あわせて読みたい

  1. %e9%ab%aa
  2. 5466716b5c5e966755ec851b22ed073d_s
  3. 7e570b25c2ae75910cf63cea1ab7b39c_s
  4. saya16010436img_5049_tp_v
  5. 861288a71ee06e50de4e4adff23034e1_s
  6. e2613a33751bf78d561d51e98e662013_s

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP