健康で健やかな身体づくりを目指すスコティー

ジェルネイルで爪がボロボロに。自分でできるネイルケアの方法。

  • 最終更新日:

この記事は2分で読めます

e27b1d2207fa79bbeabf772d98783502_s

ジェルネイルを続けて爪がボロボロになり、
やむを得ずネイルをお休みしなければいけなくなってしまった。。。

そんなご経験をされた女性の方は数多くいらっしゃるのではないでしょうか?

毎日キレイなネイルでいたいのに自爪でしばらく過ごすとなると
気分もなんとなく下がってしまいますよね。
ネイルは動作をする度 常に目に入る場所で気分やセルフイメージをも左右してしまいます

今回の記事では、美しい爪を保つため・健康な爪を育てるために
自分でできるネイルケアを現役ネイリストがご紹介させて頂きます。

スポンサードリンク

爪は息をしていない?


まずは爪の基礎知識についてお話させて頂きます。

小さい頃にお母さんから
「爪は息をしているからマニキュアを塗ったらダメよ」
と言われた事はないでしょうか?

その言葉を信じていた皆さん!騙されてますよっ!笑

実は爪は皮膚が角質化してできたもので生きている細胞ではありません。
ですので、当然息もしていません。爪を切っても痛くないのはその証拠ですね。
お母さんは幼い頃にマニキュアを塗ってほしくなかったからそう言っていたのです。


上記の事から、現在すでに生えている爪を今以上に健康にするという事は残念ながら出来ず、
今の状態を保護してキープし、新たに生えてくる爪が健康な爪になるようにケアをしなければいけません。


自分でできるネイルケアの方法


爪を美しく保ち健康な爪を育てるケアとして下記の3点をお伝え致します。

マニキュアのベースコートを爪に塗布する事で保護膜を作る


爪は生きている細胞ではないため、何かを塗ったからといってそれが原因で状態が悪くなる
訳ではありません。
むしろ、爪の表面にベースコートなどで保護膜を作る事で衝撃などを和らげてくれます。

爪がとても薄くなっている場合はベースコートを2度塗りしても良いでしょう。

また、トップコートとベースコートは基本的に同じ成分で出来ていますが、
成分の配合量が違いその役割が違います。

ベースコートは爪を保護する役割があるのに対して、
トップコートはカラーの持ちを良くしツヤを出すためのものです。

お爪をキレイに見せたいのであれば、トップコートを合わせて使用するのも良いでしょう

スポンサードリンク


お爪を乾燥から守る為、キューティクルオイル(ネイル専用の保湿オイル)をこまめに塗る


乾燥を防ぐと爪が割れにくくなります。乾燥している落ち葉を踏むと粉々になってしまうのと同じで、
爪も乾燥していると割れやすくなってしまいます。

手洗いの後などは毎回オイルを塗り直すようにしましょう。
こまめに塗る事が難しい場合は、お風呂上がりや夜寝る前に塗ると良いでしょう。

お風呂上がりは血行が良くなっているので、
根元を軽く押さえながらマッサージしてあげると新陳代謝も上がり、
酸素や栄養も運ばれ健康なお爪が早く伸びます

爪の根本には爪母(そうぼ)と呼ばれる爪を作るお母さん細胞があります。

オイルを塗る場所は、爪母(そうぼ)があるお爪の根元や
ささくれが出来やすいお爪周りの皮膚の部分、そしてお爪の裏側にも塗りましょう。


オイルの後ハンドクリームで覆い潤いを閉じ込める


お肌のケアで化粧水の後に乳液を塗るのと同じ原理で、オイルで潤いを与えた爪には、
潤いが保たれるようにハンドクリームでフタをして閉じ込めます。


まとめ


お部屋のお掃除や整理整頓と同じように良い状態を保つ為には
それなりの労力をかけてキレイにしてあげなければいけません。

小さな爪に労力をかける事は、自分を大切にしている事にも繋がりセルフイメージも上げてくれます。
また爪は誰からも目につく場所にあることから、周りからの印象もプラスに変えてくれるアイテムでもあります。

このネイルケア3点を続け、常に爪に潤いを与えてあげる事で、
現在生えている爪を保ち、水分を多く含んだ健康な爪を育てる事ができます。

こまめにケアすると効果的ですが、続ける事が大切ですので、
寝る前だけでもご負担にならない範囲でケアしてみて下さいね。


スポンサードリンク

あわせて読みたい

  1. f1b593d5e8f9925141a900de2cd5f14a_s
  2. 8682_m_wi1
  3. 朝起きれないのは病気?病院に行ったほうがいい?
  4. kioku

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP