健康で健やかな身体づくりを目指すスコティー

健康オタクが早死する二種類の真逆の理由とは?

  • 最終更新日:

この記事は2分で読めます

1-c-img187

健康オタクは早死するのか?という疑問を持っている人が多い様です。
側からみれば、健康の為にストイックにたくさんの事を我慢して、
他人にも強要して、それってストレスでは?
と思うものです。


その疑問も理解しますが、
実は全く異なる理由で健康オタクになっている人もいます。


それは、どんな人なのでしょうか。

スポンサードリンク



それでもやりたい事がある人


貴重なご縁があって、僕は大きく稼ぐ経営者や、
強い信念、志を元に活動されている方と話す機会があります。


彼らと話していていつも感じるのは、
世の中に対する危機感と、それをなんとかしたい!という、愛情です。



自分の事に関して、最低限満たされていれば、
あとは自分よりも相手に貢献する事を常に考えています。


彼らの仕事に対する姿勢は、
have to ではなく、want toなのです。


つまり、疲れても、劣悪な環境下においても、
それでもやりたい!なんとかしてあげたい、と考えているのです。


それは、例え自分の身体に負担が掛かろうとも、です。


アクションの質を高める


何かを成し遂げたい場合は、
無理をしたくなるし、仕事の質も高めたくなります。


例えば、上記に挙げた凄い人たちは、睡眠時間が3時間なんだそうです。


この人の為にしてあげられる事を、と、
睡眠時間を削っても自分の体調不良にならない様な健康維持、


また、自分の精神状態が整ってこその仕事のアウトプットです。


すなわち、

1.自分の精神状態を整えて仕事の質を高めるための健康法
2.寝不足やストレス、疲労など、負担を掛けても身体を壊さないための健康法


という事みたいです。
自分の為に、ではなく、相手の為の健康維持という事なんですね。


やっぱり健康オタクは早死にする(笑)


普段からそんな感じなので、
健康オタクは早死するんでしょうね(笑)
そして、彼らは全く人の役に立たないで長生きするよりも、


自分がやりたい様に生きて、後世に残すものを残せれば、
早死しても構わないと思っています。


スポーツ選手は
ピーク年齢が極端に短い中、結果を残すためになら、と
寿命を短くしてまでストイックに努力されています。

どうしてそんなことを考えるのでしょうか。


その理由はともかくとして、
人生を濃密な時間にしようと熱意をもって取り組む姿勢は、
素晴らしいことだと思います。


一度きりの人生、とことんやり切った!と思えるくらい、
情熱的になりたいですね。

スポンサードリンク

あわせて読みたい

  1. ee025a2af92cae7a9170bc279f97b324_s
  2. e27be930d388109dc6804d1027a71b85_s
  3. 2015-04-09-a
  4. 3269da68f05a198a5f8de1909497740c_s
  5. 4de748a474925dffab27befd8704129e_s
  6. ヨガをする女性

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP