健康で健やかな身体づくりを目指すスコティー

背骨の歪みは整骨院に頼るな!治すならまず習慣を疑え!

  • 最終更新日:

この記事は3分で読めます

%e3%83%9e%e3%83%83%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%82%b8

いつの間にか背骨が歪んでいて気づいたら痛みが出てきて治らない。これが本当に辛いですよね。

いろんな人に話しを聞いてみると、定期的な整骨院通いを続ける人もいれば、ただただ我慢する人が周囲に多いようです。

最近、腰の痛みが治らない時期が続いたのですが、今回書く方法を使ってめでたく治すことができました。当然、整骨院にも行っていません。

整骨院が悪いとはいいません。悪いのは自分自身の体だったということに気づかされました。

本当に背骨の歪みを治したい!と思われるなら、私の実体験ですので1つのやり方として使ってみてください。

整骨院での対処では治らない理由


通勤時間に歩いている人を見ると背骨が右や左に傾いてる人を多く見かけます。こんなに背骨が傾いていて大丈夫かなぁ腰痛くないかなぁとよく思います。

自分も猫背で前傾姿勢なので、人から見たら同じように見えていても気づかなかっただけなのでしょう。おそらく自分で自分を見れていたら同じことを思ったんでしょうね。


ここで質問です。

整骨院行ったすぐの時は背骨が正常な姿勢に戻りますが、時間が経つとまた背骨が歪んできます。なぜでしょう?おそらくわかっていることだと思いますが、考えてみて下さい。

ちちち、ちーん!

答えは、
普段の生活習慣からです。


では、説明していきますね。

整骨院では背骨をぴーんと伸ばしたとします。
しかし筋肉のつき方は整骨院ではぴーんと伸ばすことができません。
この筋肉のつき方でを背骨を歪ませていくのです。

結局は、普段の生活の中で身についた背骨を歪ます悪習慣が筋肉に出てくるために
時間がたつと背骨が歪んでいくのです。


ですので、背骨の歪みを治すには時間をかけて歪んでいる背骨と筋肉を直していく必要があります。


これに気づいたことで普段の習慣をチェックしてみることにしてみました。


背骨の歪みを治すのは自分次第


そこで私の背骨が歪みと腰の痛みを観察してみることにしました。普段はデスクワーク中心の仕事をやっていますがかなり痛くなる習慣が見つかってきました。

私に以前あった悪習慣を原因別にあげていくと

<背骨を歪ませる原因>

・考える時に肘を机につく
・カバンを左か右にかける


<背骨の周囲の筋肉を無くす原因>

・背中を椅子につけたまま仕事をする

こういうポイントでした。

あなたにもこういうポイント、心当たりってありませんか?おそらくあると思うんです。


背骨は歪んだまま何もしていないと骨を支える筋肉にも歪みが生じ、神経が圧迫され痛みとなって出てきます。


しかしこの痛みを無くすことは出来ました。時間はかかりますが法雨法はシンプルです。


おそらくお気づきのことでしょう。
答えは、姿勢を保つ筋肉をつけることや姿勢を正すよう意識することを繰り返すことです。


背骨を治す良い習慣を取り入れる


では、私の体験談をお話ししますね。


やり方はシンプルです。

元々私の腰の右側の部分に痛みを感じていました。それから背骨の歪みを認識していました。

歪みを治すにあたり、まず腹筋や背筋をして背骨が安定するように背骨のまわりの筋肉をつけました。

少しずつです。2〜3日に一度、無理のない程度。
毎日やると筋肉痛に悩まされ三日坊主になるのでのんびりとゆっくり。
時間をかけて調整しました。

2週間ほ過ぎた位から少しずつ筋肉をつけてきて腰の姿勢が多少安定し
痛みの位置が右から真ん中よりになり痛みが引いてきました。


このまま続けると痛みは取れると思ったのですが、私の場合年季の入った猫背でした。

「姿勢が悪くなるクセ」

も持っていたので気をぬくとすぐ悪い姿勢になるのも悩みのタネ。


そこでどうしたかというと、

仕事の昼休みを利用しました。昼休みの散歩です。


散歩する時に歩きながら姿勢をチェックするようにしました。

歩いているうちに

「いかんいかん姿勢が崩れている」
「ちょっとこのポイントはズレてる」

ととチェックするようにしました。


このチェック、実は大事なようで
続けていくと、意識せずともできるようになりました。


無意識でできるようになったことで
仕事中や通勤中も姿勢を正そうとするようになったのです。


こういう意識って大事なようですね。


太極拳の練習法「タントウコウ」


最後に、実は、最近もっといい方法を教えてもらったのでシェアします。聞いた後にこれをやっておけばよかったと本当に思いました。

人間の体に潜んでいる性質をそのまま使う方法があったのです。それがタントウコウです。

中国武術の訓練法の1つです。それはこういう仕組みで出来ているそうです。


人間の体って良くできています。

人間が成長や思考すつ時、生命活動にと細胞が働いてくれています。その細胞はわたしたち人間の生命が誕生してから38億年、長い年月の間の記憶が蓄積していると言われています。


その細胞には背骨を正す記憶も持っています。


なので、背骨を治すアプローチはいろいろありますが、
背骨が歪む人は、人間の体には背骨を正す情報を持っているのに生活習慣が背骨をゆがめてしまっているということです。


教わったタントウコウは中国の武術ではありふれた鍛錬方法です。

これのいいところは、

こういう構え

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-28-7-04-21


を取ることで

自分で姿勢の歪みに気づき修正することができる点です。


やってみた感想としては、

歩いている時よりも
構えをとることで左右のバランスを意識できますし
動かないので他の事を考えずにすむので
集中して腰の状態をチェックできる点です。


私がやった方法と比べていいのは筋トレが必要なく1日5分程度で続けると効果がある点です。

歪みも取れ筋肉のバランスも自然と調整されるので

医者や整骨院いらず、そして楽!というのがオススメなポイントです。


今まで
背骨の歪み治らないな〜
とお悩みの方は、だまされたと思って試してみてはいかがでしょうか?


3週間も続ければ、効果を実感できると思います。

スポンサードリンク

あわせて読みたい

  1. megusuri
  2. d8ab2449036016c765fcfe3f159a198a_s
  3. saya16010436img_5049_tp_v
  4. 1-c-img187
  5. 52df3275c7e438d5e2f5ef349359e46b_s
  6. 8682_m_wi1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP