健康で健やかな身体づくりを目指すスコティー

うつ病、休職しないで治療、克服。鬱が人生を変えた話

  • 最終更新日:

この記事は2分で読めます

51fdf1929ea385de925bbef8f456273d_s

うつ病に苦しむ人が多いです。筆者もうつ病になりました。
10人以上のうつの同僚、上司、後輩を見てきました。
そして、9割以上の人間が復帰できずに会社を去りました。


スポンサードリンク


うつを味方にすると人生が変わる

休職して休んだり、その場しのぎの薬だけで本当に治るのでしょうか?
確かに心身を休める事は重要です。
でも、それだけでは足りないと思います。


筆者も3年以上、うつ病と戦ってきました。
でも、最後は味方になりました。
うつ病のおかげで人生が進んだと言い切れるし、
うつ病の原因となった上司には本気で感謝しています。



どのように、うつ病を味方にして、
人生を変えたと思いますか?


その答えは、抽象度を高めて自分の行動に一体感を持たせる、です。
抽象度と一体感に関して、筆者の体験をお話しします。


筆者(私)は最初に自分の過去の体験を
紐解き、楽しかった事、辛かった事を洗い出しました。
楽しかった事は、ワクワク、ドキドキの欲望系の楽しさではなく、
じんわり暖かくなる楽しさです。



私の人生を変えたのはBMWでした

そう考えた時に、思い浮かんだのはBMWに乗る事でした。
BMWに乗るとなぜだか私は身体が広がった感覚になったのです。


タイヤがまるで皮膚のように感じ、
段差や路面の変化が手に取るようにわかる。

まさに一つになっている感覚です。
他にそんな体験がないか、考えた所、乗馬でも同じ感覚だったのです。


乗馬は非常に難しいスポーツですが、
ある時、馬と自分の心がシンクロしている事に気がつきました。
そんな時は特に指示を出さなくとも、自由自在に馬が動いてくれるのです。


ああ、自分は何かと心が繋がる事が好きなんだ、と感じました。
思い起こせば、心が辛いときはこの繋がりがなく、分離している感覚でした。



これを理解した時に、自分の中の何かが弾けました。
自分の生きる意味はコレなんだと!


天から降ってきた言葉

閃いた言葉が、【魂のシンクロ】でした。
人生を掛けて魂のシンクロを極める事が生きる意味だと知ったのです。


家庭の事、仕事、道ゆく人々。
あらゆる事が全ての魂のシンクロの視点で見るようになりました。


シンクロできれば何よりも楽しくて仕方がないし、
うまくいかないのは、自分の課題が直面していると感じます。



仕事、家庭、あらゆる活動の抽象度が高まり、
全ての出来事が自分の使命に繋がり、一体感がでて、
無駄と感じる事がなくなりました。


うつ病が味方になった瞬間

その瞬間に自分の中のうつ病は味方になったのです。


鬱という出来事を通じて人生を再定義できた事、
鬱はまさに分離感であり、一体感、シンクロを学ぶ修行だったんです。


その日を境に、
会社を休む事がなくなりました。
今はイキイキ楽しく生活しています。
(楽々と生きている訳ではありませんが)


私がやったのは、
過去の洗い出しと再統合です。
これは簡単にできる事ではありません。


1ヶ月間必死にやってもできないかも知れません。
自分の場合は比較的早い段階で見つかりましたが、
それは、莫大な影響力のある人に見てもらったからです。


薬、休息も必要ですが、
今の鬱を修行と捉え、前に進んで貰えたら嬉しく思います。



最後に、私の人生を変えてくれた、
新田祐士さん、小田真嘉さんに深くお礼申し上げます。


新田祐士さん
http://mintia01.com/

小田真嘉さん
http://www.odamasayoshi.net/

スポンサードリンク

あわせて読みたい

  1. 3f138a41ab1f5b03e85db111d261e646_s
  2. 9afa1b26e6d591a94eb916f0d60ba111_s
  3. muhyojo_girl
  4. 67c7774099088531a074c527091fd764_s

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

RETURN TOP